くるまえびパパの遊泳記

高卒アラサーサラリーマンの雑記

MENU
ーおすすめ記事ー
1222

クロスバイクやロードバイクでの通勤で泥除けは必須アイテムです!【zefal リアフェンダー Swan-Rを紹介!】

f:id:kurumaebi-papa:20190806222639j:plain

安くてデザインの良いクロスバイクに似合う泥除けを教えて!

 

本記事は、そんな疑問に答えます(*´ω`)

 

 

私ですが、クロスバイクで通勤を始めて2年が過ぎました(^^)/

 

自転車通勤を続けていると、行きは晴れてたのに帰りは雨が降っていたり、雨は止んだものの道路が濡れていたりと、雨はつきものです(´_ゝ`)

 

一般的な自転車だと泥除けがついているので、濡れた路面を走っても、タイヤから跳ねた水が自分にかかることはありません。

 

でも、スポーツタイプの自転車(ロードバイククロスバイク等)には『泥除け』が標準装備されていないので、泥除けをつけない状態で濡れた路面を走ると、水が自分にかかって悲惨なことになります。

 

当時、泥除けを持っていなかった私は甘く考えていましたorz

「お尻~背中~髪」が泥水でびちょびちょになりました(´;ω;`)

 

苦い経験をした私は、【安くてデザイン良い泥除け】という縛りで、口コミの良い泥除けを探していると、今愛用している『zefal リアフェンダー Swan-R』に辿り着いたんです。

 

今回は、『zefal リアフェンダー Swan-R』を使い続けて約1年が過ぎたので、レビューしていきたいと思います!

 

使用して約1年半が過ぎましたが、今のところマイナスな部分はありません(*´▽`*)

 

 クロスバイク 泥除け『zefal リアフェンダー Swan-R』のここが良い!

f:id:kurumaebi-papa:20190806222648j:plain

①バンド取り付けの為、工具不要で簡単取り付けできる

まず、バンド式なので工具不要で簡単に着脱ができます。

 

取り付け方法

①バンドを緩める

②シートポストに取り付ける位置を決める

③バンドを締め付ける

たったの3ステップで着脱が可能です!

慣れれば10秒ぐらいで着脱できるよー

 

②泥除け部の角度を調整できる

角度調整のネジを六角レンチで緩めてやれば、好みの角度に泥除けを調整できます!

ベストな角度に調整すれば、タイヤから跳ねた水が自分にかかることは、まずありません。

 

③シンプルなデザインが良い

シンプルなデザインなので、自転車の見た目を崩しません。

車体の色がダーク系の自転車に取り付けると一体感が出てカッコイイですよ(^^)/

 

④値段が安い

今のところ、Amazonが最安値で1,233円で販売しています。

1,000円ちょっとで買えるのでお手頃です!

 

Amazonの良いレビュー

 

もっと早く買えば良かった!

雨上がりの道での泥跳ねに悩まされ買いました。

台風の次の日に濡れた道路を走りましたが、泥跳ねも防げ、ストレスなくロードバイクを楽しめました。

 

シンプルで使いやすい。

クロス場一句に日常的につけてます。

脱着が簡単なので、雨の時だけ使用も可能かと思います。

値段の割にはしっかりしているので、これは買いですね。

 

良いレビューをした人と全く同じ気持ちだよ!

 

Amazonの悪いレビュー

 

角度調整部分がゆるゆるでした

商品の角度を調整できる部分の六角ボルトがうまく最後まで回らずキッチリ奥まで閉めることが出来ませんでした。

 

おかげで角度調整部分がゆるゆるで、ちょっとした振動ですぐに下に下がってしまい、タイヤに擦れてしまいました。

 

恐らくボルトの精度が悪く奥まで入らないものに当たってしまった為だと思いますが、そもそもの角度調整機構の構造が「ボルトの閉める力」のみで固定する簡素な作りなので、もっとしっかりした「ロック機能」が必要と感じます。

 

Amazonの悪いレビューについて実際どうなのか?

私も『zefal リアフェンダー Swan-R』を購入する前に、Amazonのレビューで「角度調整の部分がゆるゆる」と書かれていたので、購入前は「本当に大丈夫か?」と思っていました。

 

1,000円ちょっとだから試してみようと思い、購入・使用して約1年半が過ぎましたが、今のところ角度調整の部分がゆるゆるになったりする症状は出ていません(*‘ω‘ *)

 

当たりハズレがあるのかもしれないね! 

 

まとめ:『zefal リアフェンダー Swan-R』を購入して正解でした!

数ある自転車の泥除けの中で、レビューの数が一番多かった『zefal リアフェンダー Swan-R』を購入して正解でした。

 

工具不要で簡単に着脱できるので、晴れた日は外しておいて、雨の日や雨上がりだけに取り付けることも可能です。

 

もしもの雨に備えて、クロスバイクロードバイクで通勤する人においては必須アイテムなので、まだ持っていない人は検討してみてくださいね(^^)/

 

より良い自転車ライフを楽しみましょう!!