くるまえびパパの遊泳記

高卒アラサーサラリーマンの雑記

MENU
ーおすすめ記事ー
1222

お小遣いが月5,000円になってわかった4つのこと【取捨選択能力は確実に向上します】

f:id:kurumaebi-papa:20190817003603j:plain

「社会人で月のお小遣いが5,000円ってヤバくない!?」

  

この記事はそんな疑問について、答えます(*´ω`)

 

 

私ですが、月のお小遣いが5,000円になり、4ヶ月が過ぎました。

 

当初は月10,000円だったのですが、ライフイベントを重ねるにつれて下がりました。

って言うか、下げざるを得ない状況になったんですけどね(;´∀`)汗

 

ちなみに我が家の支出の情報は、こちらの記事に記載しています。

気になる人は覗いてみてくださいね。

www.kurumaebi-papa.com

 

私のお小遣いが減った経緯

当初はお小遣い10,000円

2018年9月

平成最後(増税前)にマイホームを建てる!

ローン返済で家計が苦しいので7,000円へDOWN。

2019年5月

働き方改革で会社が残業禁止に・・・。

そして、月の給料がマイナス約50,000円・・・(´;ω;`)

更に家計が苦しくなり5,000円へDOWN。

 

経緯はこんな感じです。

家計は毎月赤字なので、5,000円のお小遣いが貰えているだけで、正直感謝です。

 

恐らくこの記事を読んでいる殆どの人が、

 

「社会人でお小遣い月5,000円ってwwwヤバ」

「なんの為に生きているの?」

「うわー、かわいそう(><)」

 

っと、思っているはずです。

 

いやー、私も本当にそう思います(笑)

 

お小遣いを下げられる当初は、

「お小遣いが月10,000円でも圧倒的に少ないのに、5,000円って頭おかしいだろ!」っと、嫁に言って喧嘩になることなんてしょっちゅうでした(-"-)

 

ただ、月5,000円でやりくりして、考え方がガラリと変わった今は、不思議なことに月5,000円でも苦じゃないんです。

 

むしろ、違う視点から考えられるようになったので、メリットの方が大きいと自分では思っています!

 

そこで今回は、社会人でお小遣い月5,000円の私が、『お小遣いが減る前と減った後の考え方』にどう変化があったのかを具体的に解説していきたいと思います。

 

お小遣いが5,000円になることで変化した(わかった)こと

①取捨選択能力が向上

f:id:kurumaebi-papa:20190817003308j:plain

お小遣いが5,000円になったことで、自身の取捨選択能力が確実に向上しました!

 

「自分に本当に必要なものは何なのか?」

「これは自分にとって不要だろう」

 

っと、常に考えるようになるからです。

 

考えて使わないと、5,000円なんて一瞬でなくなりますからね(;´∀`)

ゲームソフト1つ買えば、それで終わりです。

ってか、新品のゲームソフトは買えませんね(笑)

 

なので、お小遣いを浪費することは無くなりました。

 

私のお小遣い5,000円の内訳

3,000円:自己投資(本や勉強教材、筋トレ用品)

1,000円:子供のおもちゃなど

1,000円:雑費

 

自分にプラスにならないもの、リターンが無いものには一切使いません。

逆に自己投資と子供の為には惜しみなく使っています!

 

②生活習慣が変化

f:id:kurumaebi-papa:20190817003314j:plain

お小遣いが5,000円になったことで、マイ水筒を持参して、会社でジュースを買うことがなくなりました。

 

お小遣いが減る前は、会社の昼休みと15時の休憩時間にジュースをほぼ毎日買っていました。

私がやっている仕事(品質管理)は結構ストレスが溜まる仕事なので、糖分が無性に欲しくなり、コカ・コーラばっかり飲んでました。

 

今考えれば、ジュースは糖分が多いので体には絶対良くなかったと思います(;´∀`)

 

③ストレス発散の方法が変化 

f:id:kurumaebi-papa:20190817003310j:plain

お小遣いが5,000円になったことで、お金が掛からない方法(筋トレとスポーツ)でストレスを発散するようになりました。

 

お小遣いが減る前は、毎月のお小遣いでご褒美(自分の好きなもの)を買っていました。

この『ご褒美を買う』という悪い習慣は、私が独身の時から染みついていました。

 

車のパーツを購入してカスタムしたり、映画やアニメのDVDをレンタルしてゆっくり見たり、高価な釣り具を購入したり。

 

正直、『自分にご褒美を買う』という、

この行為自体が浪費に繋がっていたんだと思います。

 

一方、筋トレとスポーツ(ランニングとサイクリング等)は、ストレスも発散できるし、自己投資(ボディメイク)にも繋がるので良いことしかありません(*´ω`)

 

④飲み会に行く頻度が激減

f:id:kurumaebi-papa:20190817003321j:plain

毎月、最低1回は飲み会に行っていました。

っで、お小遣いが5,000円になってからは、まだ飲み会に行っていません。

 

当初は仕事の付き合いもあるので、飲み会を断ると「付き合いが悪い奴」というレッテルを貼られるかと思っていましたが、私の思い込みで全くそんなことはありませんでした。

 

飲み会なんて、お金と時間の浪費にしかならないので今後も断り続けます。

 

ストレス発散なら、筋トレとスポーツで発散できるし、飲み会で浮いたお金は自己投資に回した方が絶対有益だと思っているからです。

 

まとめ:お小遣い月5,000円を少ないと思うかは考え方次第です!

f:id:kurumaebi-papa:20190817003600j:plain

世間一般のお小遣い制のサラリーマンは、最低でも月20,000~30,000円は貰っていると思います。

 

なので、月5,000円という金額を目の当たりにすると、大半の人は「少ない」とか、「そんなの無理」と思うはずです。

 

そして、お小遣いが少なくなると、自己投資が出来ないとか、飲み会に行けなくなって人付き合いが悪くなるとか思われがちですが、そんなことないですよ(*´з`)

 

むしろ取捨選択能力が向上するので、必要なことフォーカスして自己投資するようになるし、飲み会に行かなくなることで時間も確保できるし、メリットは大きいと思います。

 

現代の資本主義社会をサラリーマンが生き抜く為には、できる限りの時間を確保して、自己投資することが重要と考えています。

 

お小遣いの使い道は人それぞれだと思うので、この記事を読んで「こういう考え方もあるだ!」と、思って頂ければ嬉しい限りです(^^)/